会社案内

b.comとは、best communicationの略。

「人と人の間に立ち、お役立ちをしたい」という願いをこめて名づけた社名です。

弊社は1985年に起業して以来、一貫して「コミュニケーション」に拘る事業を行ってまいりました。

会社概要

会社名

株式会社ビーコムコーポレーション

設立

1985年7月1日

所在地

〒151-0061 東京都渋谷区初台2-27-5-505

電話

03-6276-3120

FAX

03-6276-3123

代表取締役

杉田(三ツ谷) 佐代子

スタッフ及び講師

本社スタッフ6名 契約講師4名

取引銀行

三菱東京UFJ銀行青山支店
三井住友銀行青山支店
西武信用金庫原宿支店

加入団体

東京商工会議所千代田支部
関東ニュービジネス協議会理事

協力法人
(外部リンク)

業務内容

■現場力向上事業
コンサルティング、セミナー、講演、研修、動画制作、セールスプロモーション運営、コスチューム製作
■table b事業
ビーコムエンジンでプロデュースする「食」に関する事業

※当社事業について詳しくはサービス・活動一覧をご参照ください。

主な取引先

トヨタ自動車株式会社/ネッツトヨタ東名古屋株式会社/レクサス星ヶ丘/横浜トヨペット自動車株式会社/ネッツトヨタ兵庫株式会社/群馬トヨタ自動車株式会社/千葉トヨタ自動車株式会社/トヨタカローラ岩手株式会社/広島トヨタ自動車株式会社/静岡トヨタ自動車株式会社/山梨トヨタ自動車株式会社株式会社/富山トヨタ自動車株式会社/トヨタレンタリース山梨/三井住友銀行/新生銀行/北國銀行/ジブラルタ生命保険株式会社/マンパワージャパン株式会社/大阪ガスビジネスクリエイト/日本SGI株式会社/株式会社ダイワ・エム・ティ/ハンティングワールド株式会社/株式会社バリー・ジャパン/ワタベウエディング株式会社/株式会社イーオン・イースト・ジャパン/イオンモール株式会社/株式会社アトレ(大井町店)/ららぽーとマネジメント株式会社/住商アーバン開発株式会社(デックス東京ビーチ)/株式会社東急ハンズ /株式会社ダイワ・エム・ティ/株式会社ベアーズ/横浜ゴム株式会社/川崎モアーズ/京都ラクエ/モザイクモール港北(阪急商業開発) など

経営理念

人と人との間に立ち、お役立ちをする。

行動指針

1.常にbestを尽くします(諦めない心を持つ)

2.お客様との関係を大事にします(感謝の気持ちを持つ)

3.女性ならではのキメ細やかな視点を大事にします(気配り、心配りを忘れない)

4.けしてbadにはなりません(常に前向きに、相手を思いやる気持ちを持って、正しく綺麗な言葉を使います)

ビジョン

コミュニケーションで、世の中を元気にする。

地図・アクセス

アクセス

京王線 初台駅下車 徒歩6分
小田急線 代々木八幡 徒歩8分
千代田線 代々木公園 徒歩8分
渋谷南口 都営バス 初台行/オペラシティ行/中野坂上行/ 初台坂下下車 徒歩1分
※首都高速中央環状線 初台南入出口そば

会社沿革

1985年 1期

「クライアントのブランドイメージにあったコンパニオンのキャスティングがしたい」という思いで、結婚資金を使い会社を設立。

設立当初は、表参道の骨董通りにある化粧品会社の会議室を借りてスタート。

社員数3名。業務内容は、主に展示会のコンパニオン、ナレーターのキャスティング業務及びショウルームレディの研修。

1989年 5期

博覧会ラッシュで社員数も最大15名になる。

1994年 10期

店頭キャンペーン、アミューズメント、飲食関係のマナー研修が増え、研修業務の幅が広がる。三ツ谷結婚。

1996年、ビーコムニュース創刊。

2000年 16期

トレーニング、セールスプロモーション、コスチュームの3本柱の体制が確立。

社員の担当業務が分業化される。

2003年 19期

会社設立20周年。トレーニング部門の売り上げが順調、b.com Academy設立。

トヨタ自動車DUO車両部とのプロジェクト アンバサダープログラム(※BBPの前身)スタート。

現場力メソッドの確率。

キリンジョッキーズ年間運営を任される。

2008年 24期

市ヶ谷に移転。研修事業の確立を目指す。

2015年 31期

研修及びコンサル事業、369オイル事業を基に世の中に元気と健康を提供する。

bcomコミュニケーションの30年 history

<<サンプルテキスト>>30年 hisotryの説明テキストです。簡潔にまとめ、詳しく知りたくなるような文章に。CMSにて編集可能です。

代表挨拶

三ツ谷佐代子

社名の「ビーコム」とは「ベストコミュニケーション」の略。

「コミュニケーションで世の中をもっと元気に、もっと明るくする」という経営ビジョンを掲げ、コミュニケーションを軸に企業の現場力を高めるメソッドを開発、コンサルティングや研修を行っています。

四半世紀を超える社歴の中で、5000件を超える現場で3万人以上を対象に研修を実施し、営業や販売の最前線で活躍する皆様の現場を元気にしてまいりました。

私たちがずっとこだわってきたのは、「個々が持つ力を現場で発揮して頂く」こと。

やらされ感ではなく主体的に行動することで、仕事はもっと楽しくなるはずです。

「この仕事は私でなくては」と思えるようになることで、自分の人生は大きく変わります。

主体的に行動するためには、「やり方」や「周囲とのコミュニケーション」がとても大切です。弊社が提案する現場力向上トレーニングは、数々の現場を見てきた事例をもとに構築しています。スキルがしっかり身に付くと、目標に向けて自分の力を発揮することができるようになります。そして成果が出た時、認められた時、目標に向かって頑張れたことに人は喜びを見出し、次への活力を生みだします。

photo景気が悪くなると人材育成にお金をかけられないという企業が増えますが、それは危険な判断です。お客様への対応が悪くなり、お客様が離れていきます。景気も悪いけれど、接客やフォローも悪いのです。その悪循環を作ってはいけません。

不景気でも利益を出している会社はあります。

不景気でもお客様に喜んで頂いている会社はあります。

それはたいてい、営業活動の最前線にいるメンバーが、目標に向けて現場力を発揮している会社です。

企業の生命線である販売、営業活動を担う現場で活躍する人たちが元気であれば、会社が元気になります。元気な会社がたくさん増えれば、世の中も明るくHappyになります。現場力を高めることで、社会が元気になるのです。

販売促進、営業の現場に問題があるとお感じの社長様、リーダーの皆様。自社の「現場力」を知り、高めるための秘訣を手に入れませんか?
実践に基づいて考えられた「現場力向上メソッド」で、次は皆様の現場を元気にしていきましょう!

株式会社ビーコムコーポレーション

代表取締役 杉田(三ツ谷) 佐代子

みつやさよこのプロフィールはこちら
サービス活動・works

弊社の各事業に関して詳しくご紹介しています。
「コミュニケーションで世の中を元気にする」という経営ビジョンを掲げ、企業の現場力向上支援サービスから、個人向けパーソナルセッション、身体の基本の食に関する事業を行っています。

メルマガ登録

配信開始から20年。上場企業はじめ、2500名の読者に配信中。現場力向上から、体に良い食生活のお役立ち情報まで!